外国為替と様々な注文方法

外国為替と様々な注文方法

外国為替と様々な注文方法

FXを始めるためには、まず『ドルが安いうちに買い、レートの変動によって高くなった売る』こういった流れが簡単に想像がつくと思います。

 

ただ、FXの場合は『売り』から入る方法もあるのです。

 

円の価値が安いうちに先に売っておいて、価値が上がれば買い戻すという方法です。

 

どちらにせよ『売り』と『買い』を1セットで取引になるのです。

 

当サイトでは、FXの注文をする際に使われている様々な注文方法の中から、少し特殊なものを紹介しています。

 

なにかの参考にしていただければ、嬉しいです。

私は大学時代に付き合っていた、3歳年上の女性が初体験の相手でした。行為を終えて彼女から、包茎であることを教わりまして、それがとてもショックでした。結局、初体験から数日後、彼女とは別れてしまったのです。それから包茎手術について調べたところ、いくつか種類があると分かり、その中で自身の性器は仮性包茎に該当すると分かったのです。

 

包茎でも一応剥くことはできるのですが、暫くすると勝手に戻ってしまい、亀頭は包皮で覆われてしまいます。この包皮を剥かないままにしてしまうと、徐々に恥垢というゴミが蓄積し、それが強烈な臭いを発する原因となります。ですから包茎手術でもしない限り、常に清潔にする必要があったのです。

 

包茎であることで困ったことは、臭いに関してだけではなく、痛みに関してもあります。それは包皮に陰毛が絡まることです。この状態になると、切れた時のような痛みを伴うので、非常に辛いです。包茎治療

 

包茎だと理解して以来、女性に積極的になれず、包茎治療したいと悩みつつ、現在寂しい20代後半の生活を送っています。

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/01/09 09:48:09

FXでは単純に「売る」「買う」を繰り返すだけでなく、注文方法の種類がおおいのも特徴のひとつで、用途によって使い分けができるようになっています。

 

基本となる注文方法と、それらを応用し組合せ注文(IFD注文、OCO注文、IFO注文)などがありますが、その他にも特殊な注文方法があります。

 

さらに、リクオート注文やITX注文と呼ばれる方法もあります。

 

 ・リクオート注文

 

AFT-FXダイレクトトレードの特殊な注文で、ここでは、トライアルコース、ビギナーコース、スタンダードコースのそれぞれのコースによって取引出来る通貨単位が1万通貨、5万通貨、10万通貨と異なっていて、この取引通貨単位を「ロット」と呼んでいます。

 

リクオート注文では、5ロット以上で取引を行う場合には、直接ディーラーに売買価格の要請を行うことができ、これを利用した注文を「リクオート注文」と言います。

 

 ・ITX注文

 

為替レートには、買値と売値が存在しその価格差の事をスプレットと呼んでいます。この2つの価格は買いと売りのそれぞれの注文に対して提示されている価格でしか売買を行うことは出来ません。

 

ITX注文はこのスプレットの範囲内で価格を指定して取引を行うことが出来る注文方法で、希望の価格で売買相手が居れば、注文がマッチングされたことにより約定することが出来ます。

 

マッチングされれば実際のレートよりも有利な価格で約定することが出来ますが、マッチングが出来なければ通常レートでの約定になります。

 

また、1約定あたり700円/ロットの料金がかかる有料オプションになります。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:27:07

現在のところ、ごく一部の取引業者しか行っていませんが、指値逆注文を応用した注文方法“トレール注文”という注文方法があります。

 

その方法は一言でいうと、逆指値注文における指定する価格を自動変更させる注文方法です。

 

通常の逆指値注文では、指定した価格が固定の為、値上がりしても、指定した価格になるまで反対売買は行われません。

 

ですから、より効果的に利益を生み出すには、値上がりに合わせて逆指値注文を何度も繰り返すことになります。

 

そこで、トレール注文です。

 

この注文方法は“値上がりに合わせて逆指値注文を繰り返す”のを自動で行ってくれます。

 

注文方法の基本的な考え方は、損失の拡大を防止するという意味で、逆指値注文と同じですが、この注文方法では、決済注文をより都合のいいタイミングで自動的に行ってくれるので、損失の幅も減り、ロスカット機能であるにもかかわらず利益をも獲得できる可能性があるということになります。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:27:07

IFO注文は、『IFD注文』と『OCO注文』を組み合わせたもの、つまり、『新規注文』と『指値注文』『逆指値注文』ひっくるめて全部を組み合わせた注文方法です。

 

新規注文を出す際に、同時に決済注文である「リミットオーダー」と「ストップオーダー」をまとめて注文しておく方法なのです。

 

例えば、現時点でのレートが1ドル=105円だったとして、100円まで下がったら新規注文で買いポジションを自動的に獲得します。

 

ここまではIFD注文と同じで、そのあとはOCOの流れと同じです。

 

レート変動が良い方向に動けば、利益を確保するためにあらかじめ設定しておいたリミットオーダーが機能し、自動的に決済売りを。また、レート変動が悪い方向に動けば、損失の拡大を防ぐためにあらかじめ設定しておいたストップオーダーが機能し、自動的に決済売りをしてくれます。

 

もちろんIFO注文の中には、OCO注文を含んでいますから、仮に設定しておいたリミットオーダーが機能したなら、自動的に逆指値注文で設定したストップオーダーのラインは自動的にキャンセルされます。

 

情報を集めた結果、頭の中でレートの変動をシュミレーションしてみて、為替の動きを少し読むことができたら、この注文方法を利用すると「買い」も「売り」も自動的に行ってくれるため、利用の仕方次第では時間がなかなか取れない人にも便利な注文方法になるでしょう。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:27:07

“One Cancels the Other” 『ひとつはもう片方を取り消す』の意味をもった『OCO注文』についてです。

 

これは2つの決済注文、つまり「指値:リミットオーダー」と「逆指値:ストップオーダー」を1つのセットして同時に行うことができる注文方法なのです。

 

どちらかの注文が成立したら、自動的にもう一方の注文をキャンセルしてくれる優れものの注文方法なのです。

 

例えば、既に100円で買いポジションを持っていたとして、110円までレートが上がったら、利益確保として自動的に売るラインを設定しておきます。

 

こここまでは、指値注文と全く同じですが、OCO注文の場合は同時に逆指値注文がかけられるのです。

 

つまり、1ドルの価値が90円まで下がってしまったら、損失拡大を防ぐために自動的に決済ができるラインを設けることができるということです。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:26:07

組合せ注文の中でも「If Done」の略称で『IFD:イフダン』と呼ばれる注文方法です。

 

これは、新規注文を出すときにあらかじめ、「指値:リミットオーダー」か「逆指値:ストップオーダー」の決済方法どちらか一方を選択してセットにして出すことができるものです。

 

メリットを分かりやすく言えば、新規注文と決済注文を同時に出すことができるので、「売り」と、「買い」それぞれのタイミングを逃すことなく決済できるということになります。

 

例えば、いま現在のレートが、105円として、1ドルが100円まで下がったら新規ポジションを持てるように新規注文したとします。

 

そして、新規で持ったポジションから110円にレートが変動して利益を確保するために売りたいといったときに自動的にリミットオーダーラインで決済売りをおこなうよう指値注文が働きます。

 

また、90円にレートが下がったから、これ以上損失を拡大させたくないから売りたいというとき、逆指値を組み合わせて注文していたら、ストップオーダーラインで逆指値注文がはたらき、自動的に決済売りを行うこともできます。

 

このようにIFD注文は、「新規注文」と「指値注文」「逆指値注文」のどちらか1件を選んで利用して注文できるという組合せの注文なのです。

 

ただし、この注文は設定した100円での新規注文が成立しなければ、その後のリミットオーダー、あるいはストップオーダーは機能しません。

 

ですから、うまく機能を利用するにはある程度自分の頭の中でシュミレーションが必要になります。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:26:07

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ