恋人に言われたことで包茎だと気付く

恋人に言われたことで包茎だと気付く

恋人に言われたことで包茎だと気付く

私は大学時代に付き合っていた、3歳年上の女性が初体験の相手でした。行為を終えて彼女から、包茎であることを教わりまして、それがとてもショックでした。結局、初体験から数日後、彼女とは別れてしまったのです。それから包茎手術について調べたところ、いくつか種類があると分かり、その中で自身の性器は仮性包茎に該当すると分かったのです。

 

包茎でも一応剥くことはできるのですが、暫くすると勝手に戻ってしまい、亀頭は包皮で覆われてしまいます。この包皮を剥かないままにしてしまうと、徐々に恥垢というゴミが蓄積し、それが強烈な臭いを発する原因となります。ですから包茎手術でもしない限り、常に清潔にする必要があったのです。

 

包茎であることで困ったことは、臭いに関してだけではなく、痛みに関してもあります。それは包皮に陰毛が絡まることです。この状態になると、切れた時のような痛みを伴うので、非常に辛いです。包茎治療

 

包茎だと理解して以来、女性に積極的になれず、包茎治療したいと悩みつつ、現在寂しい20代後半の生活を送っています。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ